もしかしたら鬱の症状かも?心療内科や精神科への受診が得策

サイトメニュー

病気が不安なら誰かに相談

医者

異変があれば医師相談

今まで楽しく感じていた物がつまらなくなった。大好物の料理やスイーツを食べても美味しさを感じない。なんとなく体がだるいなど生活をしているとよくある現象です。しかし、この症状が2週間以上続くと鬱の症状の可能性があります。鬱は脳内のエネルギーが不足することで体が活動できなくなる状態を指します。それらは早期発見して早めに心療内科や精神科を受診すれば早めに鬱の症状から抜け出すことができます。治療は休養・投薬・カウンセリングの中心になります。休養して脳のエネルギーを回復するための土台を作ります。脳内物質を整えるために抗うつ剤を服用します。薬に頼ることに抵抗感を持つ人もいますが、医師の指導の元、用法や容量を守り、薬を自己判断でやめなければ確実に効果が現れるようにできています。また、症状が改善された時には少しずつ薬の量を減らし、最終的には断薬の状態になっていきます。また、鬱をまねく思考はカウンセリングを用いて整理し、鬱の原因を無くすことができます。これらの治療を続ければ日常生活へ戻れます。しかし、これらの治療の途中で自己判断によって治療をやめてしまえばリバウンドがおき、状態の悪化を招きます。治療について疑問があれば担当医にこまめに相談し、状態の改善につなげましょう。家族が鬱の症状を患うと一番に気になるのは収入がなくなる点ではないでしょうか。だからといって、鬱は働きながら治療するのは症状を悪化させるだけです。そこで、担当医は勤務先へ当人に休養をさせるべきという内容の診断書を作成します。本人は鬱の症状で苦しんでいる状況であれば家族が勤務先に連絡をして傷病手当金の手続きを取りましょう。厚生年金に入っている企業であれば手続きができます。1年間は傷病手当金を受け取ることができます。ただ、会社によっては休職できる期間はまちまちなので人事などに確認をしておく必要があります。そして、復職するためにどれだけ配慮してもらえるかも綿密に打ち合わせをするべきです。症状が改善しても復職できなければ退職につながってしまうからです。しかし、復職できないこともあります。その時は福祉事務所や年金事務所に行き障害者年金の審査を受けてみてください。担当医の診断書や所定の書類を年金事務所に提出し、審査が通れば障害者年金を得ることができます。ただし、障害者年金を受け取れるようになっても担当医の治療は必ず受けてください。年金だけを受け取って、治療をしないなどの行為を行うと年金を打ち切られることがあります。また、打ち切りはなくても2年ごとの更新手続きの時に更新してもらえないことがあります注意してください。

Copyright© 2018 もしかしたら鬱の症状かも?心療内科や精神科への受診が得策 All Rights Reserved.