もしかしたら鬱の症状かも?心療内科や精神科への受診が得策

サイトメニュー

心療内科の選び方

ウーマン

治療の流れを知ろう

現在社会では、様々なストレスに晒されるリスクがあります。その結果、鬱を訴える人は増えています。まず不眠、気分の落ち込み、食欲不振などが長期間続く場合は、必ず病院を受診するようにして下さい。病院では、医師のカウンセリングやうつチェックなどを通して、鬱病の診断を行います。ただし、この時点では病名が決まらないことがほとんどです。鬱病は短期間の症状で診断する事は難しく、その他の病気の要因によって鬱症状が出ている可能性もあるので、診断は慎重に行われます。しかし、治療は初診日より開始されます。まずは、抗うつ剤などの薬の処方から始まります。薬は現在の状況に応じて、いくつかの種類が処方されることが多いです。しかし、副作用や薬が効きやすい体質であるかなどは個人差がありますので、効果が低い一般的な薬から試してみるケースがほとんどです。その後、薬の効き目や症状の変化を観察して、薬の変更を随時行います。このように通院を繰り返して症状が良くなれば、通院回数を減らしたり、薬が減ったりするようになっていきます。しかし、薬が処方されても改善しない場合や、環境要因によって鬱症状が出ていると判断された場合は、心療内科に入院治療をします。この病気は波のようによくなったり、悪くなったりを繰り返して改善されていきます。自分の判断で通院を辞めたりせず、医師の指示に従って治療を継続する事が大切です。鬱を治療する時には病院選びが重要です。病院は大きく分けて診療所と、入院施設のある病院2種類に分けられます。診療所では入院施設がありませんが、比較的予約が取りやすく通いやすいというメリットがあります。ただし、医師は1、2名と少数であることがほとんどです。一方で病院の場合は、医師が多数いる事が多く、担当医師の外来担当の時間に合わせて診察を受ける事が多いです。もし、医師との相性が悪いと感じた場合は、他の医師に担当を変えてもらう事も可能となります。また自分の鬱症状に合わせて、どちらの病院を選ぶのかを決める事も重要です。環境的な要因によって症状が出ていると自分で分かっている場合は、将来的に入院治療を受ける可能性があります。このような場合は、初めから入院施設のある病院へ受診しておく方が治療もスムーズに進みます。また、スケジュールの都合で通院のための時間の確保が難しい場合は、自宅の近くにある病院を選ぶという事も重要です。鬱の治療は、通い始めや症状が重い場合は、頻繁に通院しなければいけません。そのため、通うやすさを重視する事も大切なポイントです。鬱症状によって病院について調べたりすることが困難な場合は、とにかく病院に行ってみて雰囲気や医師の治療方針を確認してみると、自分に合っている良い病院であるか、判断しやすいです。

Copyright© 2018 もしかしたら鬱の症状かも?心療内科や精神科への受診が得策 All Rights Reserved.