もしかしたら鬱の症状かも?心療内科や精神科への受診が得策

サイトメニュー

聴診器とハート

こだわり体質なら

鬱病は一般的に生真面目で社会的に評価されている人がなりやすい傾向にあります。完璧主義でこだわりを持っている人も多いため、心身ともに疲弊しやすい状態です。そのため、症状が出るほど疲れをため込まないように予防策を講じることが大事です。

詳しく見る

男性

認知行動療法を知ろう

鬱病の症状を薬で改善させるのではなく、カウンセリング療法で治療を行う認知行動療法という治療法があります。しかしまだ日本では認知行動療法ができる意思は少ないので、その治療法を行っているのかどうか病院を調べることが治療する手段の1つとなります。

詳しく見る

ウーマン

心療内科の選び方

鬱症状がある場合は、必ず病院を受診してください。病院は診療所と入院施設のある病院の2種類あり、症状や状況によって選ぶ必要があります。また治療はカウンセリングや薬物療法が主流です。症状が重度の場合は、入院治療を受ける可能性もあります。

詳しく見る

医者

病気が不安なら誰かに相談

鬱の症状が2週間以上続く時は速やかに治療を受けるべきです。ただ、鬱などになると社会的な不利益を受けるのではないかと不安に感じるかもしれませんが治療法はあります。また、症状が改善されない場合も年金制度も用意されています。

詳しく見る

正しい認識が予防になる

女性

軽んじないことが大切

鬱というと、気分が落ち込んだり無気力になったりといった精神的な症状が現れるイメージが一般的です。実際にそのようなネガティブな気持ちになるケースは多く、その結果として仕事や勉強が手に付かなくなったり不安や自己嫌悪で不眠になったりと日常生活に支障が現れていきます。このような症状はいきなり現れるのではなく、ストレスや疲れで片付けてしまいがちな些細な状態から始まります。そのため自分ではなかなか気付けず、これが徐々に蓄積することで耐えられる限界を超え、立ち上がれないほどの落ち込みに発展してしまいます。鬱で意外と知られていないのが、頭痛や腹痛、吐き気といった身体的な症状です。ストレスや不安を感じると身体に不調が現れますが、根本には精神的な不調が自律神経を乱して身体的な症状として現れるという繋がりがあります。しかし不調が軽度であったり、内科などで検査を受けても異常が見つからず対症療法で何とか生活を送れてしまったりするケースも多く、これが鬱によるものだと気付きにくい特徴があります。いずれの症状が単独で出る場合もあればいくつも出る場合もあり、しかも非特異的なため、自分で鬱を疑ったり原因や病名を特定したりするのに時間がかかってしまうことがあります。鬱の原因は様々ですが、ストレスや不安が解決されないまま蓄積することが引き金になると言われています。誰にでもありそうな小さなストレスや不安がなぜ引き金になるのか、その理由は単純で、誰にでもあるものだから耐えなければと考えて真剣に捉えないことが大きな原因のひとつなのです。また、鬱について、自分はかからないだろうと信じていたり滅多にかからない大病だと考えていたりすることも原因です。まずは誰でもかかりうる身近な病気であると認識することが大切です。症状が軽度だと病院に行かずに済ませたり、あまり改善していないのに薬で誤魔化したりするケースも多いです。なかなか改善しない時点でおかしいと疑問を持つことができれば深刻にならずに済むかもしれませんが、このままだと鬱に進行するかもしれないという想定ができていないと悪化していく可能性があります。もちろん根本原因となり得るストレスや不安を具体的に解決することは有効ですが、人間関係や金銭問題など一筋縄ではいかないことも多く、またストレスがまったく無い生活を送るというのも難しいです。病院で鬱の可能性を指摘されるだけでも意識が変わるため、少しでも不調を感じたら、鬱の症状であることを疑いながら心療内科や精神科も受診するのが良いです。

人気記事

聴診器とハート

こだわり体質なら

鬱病は一般的に生真面目で社会的に評価されている人がなりやすい傾向にあります。完璧主義でこだわりを持っている人も多いため、心身ともに疲弊しやすい状態です。そのため、症状が出るほど疲れをため込まないように予防策を講じることが大事です。

詳しく見る

男性

認知行動療法を知ろう

鬱病の症状を薬で改善させるのではなく、カウンセリング療法で治療を行う認知行動療法という治療法があります。しかしまだ日本では認知行動療法ができる意思は少ないので、その治療法を行っているのかどうか病院を調べることが治療する手段の1つとなります。

詳しく見る

ウーマン

心療内科の選び方

鬱症状がある場合は、必ず病院を受診してください。病院は診療所と入院施設のある病院の2種類あり、症状や状況によって選ぶ必要があります。また治療はカウンセリングや薬物療法が主流です。症状が重度の場合は、入院治療を受ける可能性もあります。

詳しく見る

医者

病気が不安なら誰かに相談

鬱の症状が2週間以上続く時は速やかに治療を受けるべきです。ただ、鬱などになると社会的な不利益を受けるのではないかと不安に感じるかもしれませんが治療法はあります。また、症状が改善されない場合も年金制度も用意されています。

詳しく見る

Copyright© 2018 もしかしたら鬱の症状かも?心療内科や精神科への受診が得策 All Rights Reserved.